読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1枚音楽記録

ほぼ自分用

鉄腕トカゲ探知機『ノスタルジック幻想状態』

突如CDの紹介をしたくなったので、することにしました。

 

今回は鉄腕トカゲ探知機の1stアルバム、『ノスタルジック幻想状態』。

f:id:TQN:20160822105343j:plain

 

高校時代、最も夢中になった東方アレンジサークルはこの鉄腕トカゲ探知機でした。

 

私がこのサークルと出会った時期は、星蓮船が出るか出ないかという頃。

東方ロックアレンジ界隈では、石鹸屋が押しも押されぬ大サークルになっており、そこにTaNaBaTaや岸田教団など新進気鋭のサークルが続々と切り込みはじめた、という頃だったと思います。

そんなどんどん新しいものが出てくる混沌とした雰囲気の中でも、「鉄腕トカゲ探知機」という名前はひときわ異質でした。何しろ、全くサークル名の意味がわからない。それなのに、何か強烈な印象を残す。

いったいどんな音楽をやるサークルなのか……期待と不安を抱きながら手に取ったのがこのアルバムでした。

 

一曲目から、圧倒されました。

轟音で疾走するギター。自由にうねり回るベース。絶叫するようなエモーショナルなボーカル。そして、アルバム全体に色濃く漂う憤怒と悲哀。

どれもこれまでの私が聴いたことのある東方ロックとはかけ離れたものでした。

まさにオルタナティブな東方アレンジ。

音・アレンジ・歌詞のどの面からしても画期的なアルバムだったと思います。

 

すぐさま鉄腕トカゲ探知機に魅了された私は、鉄腕トカゲ探知機に大きく影響を与えているNUMBER GIRLにも手を伸ばし、そこから邦ロックの世界に足を踏み入れていくことになりました。

このアルバムの登場は、私の音楽観にとっても画期的な出来事だったわけです。

 

オススメ曲は、全部です。このアルバムにいわゆる捨て曲はありません。

しいて一曲勧めるなら、tr.3の「正体不明」でしょうか。イントロからぶっちぎりでカッコいいシングルカット向きの曲です。

 

なんだかべた褒めになってしまいましたね。

しかもほとんど自分語りで、作品のことについてはさほど書いてないですね。思い入れのある作品なので今回ばかりはしょうがない。

おそらく書いているうちに慣れるものと思われるので、これからもちょくちょくレビューはやっていきたいと思います。

それでは~ ノシ