読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1枚音楽記録

ほぼ自分用

Rainbow『Bent Out of Shape』

Rainbow

f:id:TQN:20161210161939p:plain

今回のアルバムはRainbowの『Bent Out of Shape』。

 

Rainbowというと、Deep Purpleよりもさらにリッチー・ブラックモアのワンマンバンド的なイメージがあり、

ギターが前面に出るゴリゴリのハードロックをやっているのだろう、という先入観を持っていた。

前にRainbowのライブ映像を見せてもらったことがあるのだけど、曲間ではMCもなくリッチーが延々とギターで歌っており、

「あっ、こういうのを楽しむバンドなんだな……」と思った覚えがある。

 

でも、このアルバムを聴いて、その先入観は打ち崩された。 

まず驚いたのがその曲調。なんというか、すごく80年台的な音だ。シンセとボーカルが前に出て、ポップなメロディをやっていく感じの。

ジャーニーなんかに近いものを感じる。「産業ロック」って言葉はあまり好きじゃないんだけど、そんな感じ。

思ったよりも親しみやすく、サラッと聴けた。

 

けどまあ……それだけなんだよなあ……

求めてるものが違ったんだろうなあ。

tr.8はまさにぼくが想像していたリッチー・ブラックモアのバンドの曲!という感じで好きだったんだけど、アルバム全体からは明らかに浮いてるしな。

調べてみたら、なんでも後期のRainbowはポップな路線の曲が多く、このアルバムはその代表格だとのこと。

また初期を聴いてからこれを聴き直したら、印象が変わるのかもね。

 

お気に入り度★★★

「Drinking with the Devil」が好きだった。