読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1枚音楽記録

ほぼ自分用

Keith Jarrett / Charlie Haden『Jasmine』

Keith Jarrett

f:id:TQN:20161212002246p:plain

今回のアルバムは、Keith JarrettとベースのCharlie Hadenが共演した2010年のアルバム『Jasmine』。

両者は実に30年ぶりの共演だそうな。30年前のアルバムを聴いてないからこの点に関しては何も言えんが、やっぱりファンからするとかなり大きな意味を持つ盤らしい。

 

静かなバラードばかりが収録されていると聞いたので、

聴く前は「退屈かもしれんなあ」と不安に思ったりもしていた。

しかし、いざ再生を始めてみたら、

彼らのロマンティックな演奏に聞き惚れている間に、あっというまに聴き終わってしまった。

いや~、いいなあ。

 

キース本人の解説文によると、このアルバムに収録されているのは「メッセージをそのまま残すことに気を使って演奏された、すばらしいラブソング」だそうだ。

ラブソングといっても歌はキースのいつもの唸り声しか入っていないのだけど、音楽がなによりも雄弁に愛を語っている。

もたれかかるようなテンポ・ルバートが、暖かいベースの音色とあいまって、なんともいえず心地いい。

ロマン派あたりで、「歌詞のない器楽こそが、詩の世界を最も純粋に表現することができる」とする流れがあった気がするけど、

このアルバムを聴いてるとまさにそれを実感するな。

すばらしい無言詩だ。それも、生活に寄り添った無言詩。

 

お気に入り度★★★★

「Where Can I Go Without You」「Goodbye」が特に好きです。

もっとキースジャレット聴きたいけど、どれから聴けばいいんだろうな。

とりあえず目についた有名盤から買ってるけど……先達が欲しいところだ。