読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1枚音楽記録

ほぼ自分用

Roland Kirk『Volunteered Slavery』

Roland Kirk

f:id:TQN:20170104231422p:plain

今回のアルバムはRoland Kirkの『Volunteered Slavery』。

Roland Kirk全盲のサックスプレーヤーだが、

ジャケットを見て分かる通り、単なるサックス吹きではない。

一気に数本の管楽器を咥えて、アマガエルのように頬を膨らませて、息継ぎもなしに吹く、吹く、吹く!!

この凄まじい見た目に惹かれて購入してしまったんだけれど、肝心の音楽はどうかというと……

 

ジャズなんだろうな、と思って聴いてみたけど、ジャズではなかった。

もうこれはアレだ。「ローランド・カーク」というジャンルになっちゃってる。

ファンクっぽかったり、ゴスペルっぽかったり……「ブラックミュージックの集大成」なんて言われることもあるみたいだけど、まさに総合音楽だ。

彼のプレイは、どの曲をとっても、まさに「炸裂!!!!」という感じ。どこを聴いても爆笑、興奮、喝采がないまぜになった感動に襲われる。

いや、凄まじいなあ。ひたすらパワフルだ。

 

お気に入り度★★★★

「Volunteered Slavery」「I Say a Little Prayer」「One Ton」あたりが好き。