読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1枚音楽記録

ほぼ自分用

星野源『YELLOW DANCER』

星野源

f:id:TQN:20170123123534p:plain

今回のアルバムは星野源の『YELLOW DANCER』。

 

星野源に対してはなんとなく食わず嫌いをしていたけれど、

いざ聴いてみると……案外良い。

ソウル、ファンク、テクノなど、ブラックミュージックの影響は多分に感じられるんだけど、

「日本語でブラックミュージックをやる」という感じではなくて

「歌謡曲・ポップソングにブラックミュージックのエッセンスを足す」くらいにまとめてるところが良い。

ブラックミュージックをしっかり消化した上で、日本らしい音楽に昇華しているのである。

星野源の声質ではなかなかブラックミュージックのソウルフルさは出せないだろうし、このポップネスは声に合った着地点ともなっている。

この「あくまでJ-POP」というバランス感覚と、親しみやすい音高・声質はやっぱり今の大ヒットの要因になっているんだろうなあ。

 

それに星野源、曲のセンスもさることながら、演奏陣がすごい。

OKAMOTO'Sのハマ・オカモト凛として時雨ピエール中野、元はっぴいえんどYMO細野晴臣といった錚々たるメンツのほか、

ブラスや弦、ピアノも豪華メンバーが揃っている。

それでも演奏が目立ちすぎることはなく、あくまで歌モノの名脇役に留まっているんだけれどね。やはりバランスが良い。

 

お気に入り度★★★★

「SUN」「桜の森」「Down Town」あたりが好き。