読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1枚音楽記録

ほぼ自分用

Keith Jarrett『The Survivors' Suite』

Keith Jarrett

f:id:TQN:20161221023808p:plain

今回のアルバムはKeith Jarrettの『The Survivors' Suite』。

キースは、73年からアメリカにてカルテットを組んでいた。

ヨーロッパで組んだカルテットと区別するため、そのカルテットは俗に「アメリカン・カルテット」と呼ばれるらしい。まんまだ。

今回のアルバムは、そのアメリカン・カルテットによって76年に録音されたものだ。

 

めちゃくちゃカッコいい。

もう一曲目の10分だけで、ひっくり返るくらいカッコいい。

すさまじい緊張感の中を潜り抜けると、徐々にモチーフが顔を出しはじめ、

それでもまだ何か物足りない、開放されきらないなと思っていたら、

ピアノが入った瞬間すべての音は一気に精緻な完成を迎える……

いや、たまらんなあ。たまらん。

 

二曲目の中盤もすごい。

一度完成したと思った音が、どんどんテンションを高めてさらに完成していく。

絶頂を迎えたと思ったら、次の瞬間にはそれを超える絶頂が来る。なんだろうなこの感じ。某催眠オナニー音声で、「ゼロ!ゼロ!ゼロ!」と連呼されている時に一番近いな……

伝わらないか。伝わらないだろうな。聴いて下さい。どっちも。

 

こんなジャズもあるんですね。

この緊張と開放の美学は、プログレに求めているものだったけど、

思わぬところで思わぬ充足を得たなあ。

このエゲツない演奏をしていたカルテットのうちの2人が、

数十年後に『Jasmine』を出すんだから、

経験を積むってことは凄いことなんだな……

 

お気に入り度★★★★★

素晴らしいアルバムなんだけど、めちゃくちゃ集中して、気合を入れて聴かないと入り込めなくてしんどいだろうな。

落ち着いた深夜に聴けてよかった。